agaの原因になる男性ホルモンとaga治療

毛髪21

男性の大きな身体的コンプレックスになってしまうのが薄毛です。薄毛の原因は様々ありますが、特に多いのが男性ホルモンが原因のagaという症状です。agaはクリニックの治療を行うことができます。ただし、aga治療は男性ホルモンの抑制だけではなく様々な治療を行うことができるため自分にあった治療を行うことが重要です。

ここでは、agaの改善方法について解説します。

agaについて

agaとは、「Androgenetic Alopecia」の略であり日本語に訳すと「男性型脱毛症」という症状になります。思春期以降に発症する進行性の脱毛症で、額の生え際や頭頂部から、または両方から薄くなっていくというのが特徴です。

進行性の脱毛症ですので、放っておくとどんどん薄くなっていき最終的にはハゲになってしまいます。

一般的に原因は遺伝と男性ホルモンの影響によって引き起こされます。男性の場合、特に大きいのが男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのテストステロンが分泌されることで、血液を通して頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されます。

この、ジヒドロテストステロンは、毛を生やす毛乳頭に存在する男性ホルモンレセプターと結合することで脱毛因子を増やします。この脱毛因子が毛乳頭や毛母細胞に対して毛が抜けるように指令を出すことで、毛母細胞は分裂活動をやめてヘアサイクルを乱してしまうのです。

ヘアサイクルが乱れると、毛が太く長く育つための成長期が短くなり、そのまま退行期になり、休止期に移行して毛が太く長く育つ前に抜け落ちしまい薄毛につながります。このような状態を改善するためには、男性ホルモンの分泌を抑制できる治療が必要です。

男性ホルモンを抑制するaga治療

毛髪22

agaの原因は男性ホルモンですので、男性ホルモンを抑制できる治療を行うことで改善することができます。具体的には、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素である5αリダクターゼの働きを阻害したり、ジヒドロテストステロンを生成しにくくすることが対策となります。

そんな対策に有効なaga治療が、薬物治療です。5αリダクターゼを阻害する薬として特に利用されるのがプロペシアという薬です。プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分で、5αリダクターゼの働きを阻害するという作用があります。

5αリダクターゼの働きを阻害することによってジヒドロテストステロンの生成を抑えることができ、結果薄毛を改善します。ただし、あくまでも薄毛を増やさないというだけですので、発毛を促す効果はないため注意が必要です。

プロペシアと併用しながら、発毛を促せる薬としてはミノキシジルが挙げられます。ミノキシジルは血管を広げて血行を良くする作用があり、血行を良くすることによって頭皮に酸素や栄養を行き渡らせやすくなります。そうすることで発毛を促す効果が期待できます。

また、ミノキシジルには毛母細胞の死滅を抑制する効果もあります。

男性ホルモンを整える生活

男性ホルモンの乱れは遺伝だけではなく、生活習慣の悪さやストレスなども原因となっています。agaを予防するためにも、aga治療の効果を高めるためにもホルモンバランスを整えることのできる生活習慣を身につけることも大切です。

まず、発毛やホルモンバランスを整えるのに重要なのが睡眠です。髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されており、成長ホルモンが分泌されることで細胞の増殖や正常な代謝を促進させることができます。夜更かしをしているとこの成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

適度な運動をすることも重要です。ウォーキングなどの適度な有酸素運動は血行を良くするだけではなく、自律神経を整えてホルモンバランスを整える効果や、ストレス発散効果を得られます。継続して有酸素運動を行うことで白髪や脱毛のリスクを抑えることがわかっています。

体内からケアするためには、食生活にも気をつけることがポイントです。脂質や糖質の多い食事は頭皮から皮脂が出てしまい、毛穴が詰まって頭皮環境を悪化させ抜け毛を増やします。それを避けるためにも、脂質や糖質の多い食事は避けて、髪の毛の材料となるタンパク質や亜鉛などを意識して摂取していきます。

避けたい生活習慣

agaは、普段行なっている生活習慣によっても悪化してしまうこともあります。特に悪化させる要因となってしまうのが喫煙です。喫煙はタバコに含まれるニコチンが血管を収縮させて血行を悪くしてしまいます。血行が悪くなると必要な栄養が頭皮に行き渡らず、抜け毛などが増えてしまいます。

そのため、aga治療を行う場合には、まず禁煙から始めることも治療効果を高めためには大切です。また、過度のアルコール摂取も避けるようにします。アルコールを摂取することで肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

肝臓は髪の毛の主成分であるタンパク質などの栄養を合成する働きがあり、負担をかけることで薄毛を悪化させてしまいます。偏食や過度のダイエットも薄毛を引き起こす原因です。偏食などをすると必要な栄養が摂取できず、髪の毛に必要な栄養が届かなくなってしまいます。

髪の毛を育てるためにはバランスよく食事をすることがポイントです。

間違ったヘアケアも薄毛のリスクを高めるため、低刺激のシャンプーや育毛成分の入ったシャンプーを利用するなどの正しいケアを行なっていきます。

芸能人でも薄毛で悩んでいる人が多い!?aga治療を行った芸能人のその後とは

薬物治療以外の治療方法

プロペシアやミノキシジルを使った薬物治療は効果的ですが、体質によっては効果がないというケースはあります。そんな時にクリニックでは、別のaga治療を行えるようになっています。まずあげられるのが、育毛メソセラピーです。

これは直接頭皮に有効成分を注入するという方法です。注入する成分や量はクリニックによって異なりますが、直接有効成分を注入することができるため副作用の心配がなく、効果的に頭皮に有効成分を与えることができます。

HARG療法は、育毛メソセラピーの一種です。特徴としては成長因子が配合されており、成長因子が毛母細胞を刺激することで髪の毛の細胞を促せます。薬物を直接注入しても効果が得られないという場合には、植毛という方法もあります。

自毛植毛は男性ホルモンの受けにくい側頭部や後頭部から自毛を採取して、気になる部分に植毛していくという方法です。様々な方法がありますが、早期に治療することが薄毛の改善には大切です。